ワイマックスのプロバイダーは全部同じ!?

ワイマックスの契約が出来るプロバイダーはいくつか存在します。
私はUQワイマックスを選びましたが、それは、通信速度の面で失敗したくなかったからです。



ワイマックスのプロバイダーは、どこを選んでも同じだと言う方もいます。
ですが、実際に口コミを調べてみると、○○から△△に契約を変更したら、ワイマックスの通信速度が一気に落ちただとか、そう言った意見は、多々、見られます。



プロバイダー変えたら、遅くなった!?



もし、プロバイダーによって通信速度が変わって来るのだとしたら、どこが一番安定しているでしょう?
・・・考える間でも無く、UQコミュニケーションズですよね?



なぜならば、ワイマックスの回線を直接管理しているのがUQコミュニケーションズですから。
他のプロバイダーは、UQコミュニケーションズからワイマックス回線をレンタルして、使用しているに過ぎません。



有線のプロバイダーと同様に、プロバイダーがレンタルしている容量の規模が小さくなれば小さくなるほど通信状態が悪くなるのは、想像に難くありません。
そう考えると、大元であるUQコミュニケーションズの通信状態が最も良好であるのは、当然の事でしょう。

UQワイマックスって、実際どうなの?

実際、私もUQワイマックスを使用しているユーザーの一人です。
残念ながら、WiMAX 2+はまだ対応エリアでは無いものの、WiMAXの受信状態は良好です。



私は滅多に外出しませんので、基本的に、室内利用をしています。
受信感度には問題ありませんので、基本的に、動画が途中で落ちただとか、止まっただとか、そう言った問題はありません。



受信感度に問題無し!



とは言え、同じ部屋でも、UQワイマックスの設置場所によって、受信状態は変わります。
多くの方もそう書いてますが、やはり、近くに高い建物が無い窓際が一番安定します。

UQワイマックスの悪い評判のまとめ

私自身はUQワイマックスに満足していますので、特に書く事は無いのですが、人によっては、気になる点がいくつかあるようです。
インターネットで調べて来たUQワイマックスに関する悪い評判をまとめましたので、ご参考にして下さい。



ワイマックスの回線は高周波ですから、その性質上、建物内には電波が届きにくいです。
ですから、ワイマックスを購入したは良いけど、実際に使ってみたら、思っていた程の通信速度が出なかった・・・と言う方もいるようです。



実際は受信出来ない!?



また、強風の日や大型車が近くを横切ると、電波が遮断される事もあるようです。
更に、夜間はネットユーザーが増えるので、電波が落ちやすくなる事もあるそうです。



ワイマックス 2+の契約は2年縛りですから、一度契約をしてしまうと、契約を解除したくなっても、解約に伴い違約金が発生してしまいます。
ですから、実際はワイマックスの受信が出来なくても、契約をしてしまった手前、解約出来なくなってしまう事があります。
事前に受信状態を確認せずに契約してしまった方は、UQワイマックスに対して、この点の不満を持っている方がいるようです。



とは言え、ワイマックスのエリアは順次拡大していますので、次第に繋がるようにはなるのですが、それまで、使えないワイマックスに月額使用料金を支払い続けると言うのも、複雑な心境になりますね。
ですから、こうならないように、事前にきちんと電波状況を確認する必要があるでしょう。
電波状況の確認方法は、記事の最後の方でご紹介します。



事前にきちんとした下調べを



ワイマックスの通信は、若干の遅延が生じてしまう事もあるようです。
ですから、即時入力が要求されるようなネットゲームには、ワイマックスの通信はあまり向かないようです。
私はネットゲームをやらないですから、この点は気付きもしませんでしたが・・・。



前述しました通り、ワイマックス 2+は2年契約が基本です。
契約から25ヶ月目に入った1ヶ月の間に契約を解除しない限りは、自動的に、更に2年間の契約が更新されてしまいます。



契約の自動更新



ワイマックス 2+は3年目から速度制限がかかってしまいますので、結果、3年目からはワイマックスしか無制限に使えなくなります。
それを防ぐにはプロバイダーを乗り換えるのが得策なのですが、うっかり解約を忘れてしまってそのまま契約が更新されてしまうと、2年間はこのままの状態になります。



ワイマックス 2+に速度制限がかかってしまった事を不満に思い、慌てて契約を解除しようとしても、解約に伴う違約金が発生してしまいます。
この点に不満を持つユーザーが多いようです。



これは、UQワイマックスだけでは無く、全てのプロバイダーでも起こっている問題ですけれども・・・。
ワイマックスの業界自体が考えを改めない限り、この仕組みによるクレームは後を絶たないでしょう。

UQワイマックスの良い評判のまとめ

私のように、ワイマックスの電波が十分に届くエリア内の方は、概ね、満足している方が多いようです。
ワイマックスだけでもADSLの速度は出ますし、ワイマックス 2+が対応しているエリアの方は、その3倍の通信速度が出ます。
ですから、十分に実用レベルの通信速度が出るのです。



出先でもインターネットが出来ますし、同席の人もインターネットを楽しめると言うのが、とても良いです。
WiMAX回線を使用すれば、気兼ね無くインターネットが楽しめると言う点も、とても大きいでしょう。



ワイマックスは通信速度制限無し!



また、3G制限があるものの、通信速度が速いWiMAX 2+、広いエリアで繋がるau 4G lTEの使い分けが出来る点も大きいです。



また、LANケーブルなどが必要無いので、見た目にもスッキリしますし、掃除が楽だと言う口コミもありました。



インターネット開設に伴う工事が不要ですし、モバイルルーターが届いたら、直ぐに使えます。
引っ越し後も、特に手続きは必要ありません。



持ち運びが出来るモバイルルーターならではのメリットですよね?



ワイマックスのモバイルルーター



UQワイマックスは無断であれこれとオプションが追加される事も無く、月額料金が非常に安いので、その点も評価されています。
固定回線だった頃の半額近くの負担になったと言う口コミもありました。



そして、UQワイマックスは、契約の際のキャンペーンも良心的だと評判が良いです。



プロバイダーによっては、高額キャッシュバックを売り文句にしているところもありますが、ここは要注意です!
キャッシュバックを実際に受け取れるまでの期間が非常に長かったり、受取方法をとても困難にしていたりします。
結局はキャッシュバックを取り損ねたと言う人が続出していて、今、問題になっています。



キャッシュバックを取り損ねた男



キャッシュバックの案内メールを見落とすと、キャッシュバックの受け取りを放棄したものと見なされ、結局はキャッシュバックが受け取れなくなります。(より)
なぜならば、キャッシュバックの受け取り期間を1ヶ月限定にしているからです。



泣き寝入りする男性



こう言った泣き寝入りをしない為にも、最初から、キャッシュバックは貰えないものと考えた方が良いです。
貰えるか当てにならないキャッシュバックキャンペーンよりも、契約時に物品が受け取る事の出来るキャンペーンを選んだ方が、確実で賢い選択です。



UQワイマックスの場合、ワイマックス契約時に、3,000円の商品券ブルーガチャムクスマホスタンドがプレゼントされます。
キャッシュバックキャンペーンのように、受け取り方法が分かりにくくしていたりなどの小細工もありませんので、非常に安心です。



UQワイマックスに関する詳細情報はこちら
UQ WiMAX

エリアのワイマックス電波状況を確認する方法

UQコミュニケーションズのホームページでは、ワイマックスの電波状況を公開しています。





エリアの電波状況を確認する際は、「ピンポイントエリア判定」機能を使います。



ピンポイントエリア判定



住所を入力する」欄に住所を直接入力するか、「住所リストから探す」の中から、住所を選択して行きます。



エリア指定



すると、判定結果が「」「」「×」で表示されます。



エリア判定結果



判定結果が「△」や「×」の方の場合は、ワイマックスの契約を行ってもワイマックスに接続する事が出来無い可能性がありますので、注意が必要です。
とは言え、これはあくまでも目安ですから、参考程度に考えておく必要はあります。



いずれにせよ、対応エリアは順次増えて行っていますので、最終的には、今の3G回線や4G回線のような広大なエリアを網羅する事にはなるかと思います。
ですから、仮に、今は「△」のエリアだったとしても、後ほどは「○」に変わる事もありますので、非対応地域の方は、気長に待つ必要があります。



ワイマックスの詳細情報はこちら
UQ WiMAX